【フィリピン 】初のセブパシフィック!!成田からマニラへ行ってきた♡

こんにちは♡ 情熱的に世界を歩いているRisa@Risa_worldtrip)です。

 

成田から初のセブパシフィック航空でフィリピンに行ってきました!!

今までは、フィリピン 航空、JAL、ジェットスターを利用していましたが、今回は初めてのセブパシフィック!!!

私のお母さんも初めてセブパシフィックで日本に来日したんだけど、すごくいい!! ランディングが上手でよかった!ってべた惚れしてたので、乗るのがすごく楽しみ♡

 

セブパシフィックとは?

フィリピン ニノイ・アキノ空港ターミナル3にメインハブ、セブ(マクタン)とダバオにハブ空港があります。

以前はドメスティック(国内線)のみの運行でしたが、2001年より、国際便も運行するようになりました。

日本に初就航したのは2008年。2014年からは名古屋の中部国際空港へも乗り入れ、セブパシフィック航空は、日本三大都市圏全てに直行路線を持ちました。

また、セブパシフィックといえば、黄色いカジュアルなユニフォームが可愛らしくて、踊りながらセーフティーデモもしてくれることで有名です。

※路線によっては、踊りながらのセーフティーデモはしないところもあります。

 

フライト情報

今回のフライトは夜便。

成田空港第2ターミナルからニノイ・アキノターミナル3

成田発 2025 ✈︎✈︎✈︎0:25(翌) マニラ着

チェックインは17:30からスタート。

1700より、すでに並んでいる人がたくさんいました。笑

さすが、フィリピン 。。みんな待ちきれないのね笑

 

預け荷物、手荷物について

セブパシフィックの機内持込は一個のみ、7kgまでです。小さいショルダーバックやリュック、PCが入っているバックはカウントされないそうです。

私は、機内持ち込みが可能な小さいキャリーケース7kgと、Macbookが入っているショルダーバックを持っていきました。

※セブパシフィックは荷物チェックがかなり厳しいので注意が必要!!!

 

預け荷物(受託荷物)は有料です。重さによって、値段も変わってきます。また、一個あたり32kg以下であることが必要で、32kgを超えた場合は預かってくれません。

重量オーバーした場合の罰金は高いです!!! 1kgあたり2800円します!!!

重量オーバーするとわかった場合は、なるべく早くウェブサイトで変更をすると料金は抑えられるので、ウェブサイトで変更することをオススメします!

フィリピン人って、お土産やら何やらで、荷物がすごい多いの!常に重量オーバーしてる人が多く、今回のフライトも結構の人が罰金を払ってたよ!!

 

無事にチェックイン、イミグレーションを終えて、搭乗口へ。

少し遅れが出ているようで、パイロット達も同じ場所で待機。

しかも! 今日のセブパシフィックの機長がワイルド&ダンディーでイケメンでした!!!笑

 

機内にて

機体は小さく、航空の機内サービスは有料になっています。

機内食は事前予約制の有料になっており、ソフトドリンクやビール、スナック菓子なども全て有料での販売になってます。

ちなみに、お水も無料ではなく、ミネラルウォーターの販売となっています。

座席

座席は、すごく狭かったという感じではなっかたです。座り心地もよく、リクライニングもしっかりできました。

機内サービス

機内で購入したもの。

・ハム&チーズクロワッサンが100pesos(約200円)

 

・スパムのりが100pesos(約200円)

 

・3in1のコーヒーが 50pesos(約100円)

 

他にも、ビスケットやお菓子、カップ麺、サンドイッチなどもありました!

値段は外で買うよりは割高いになってしまいますが、どれも美味しかったので、お腹が空いたら機内での購入もいいかもしれませんね♡

 

いかがでしたか?

 

セブパシフィックは、よく遅延することで有名なのですが。。笑 今回は特に遅延もなく、スムーズに搭乗することができました!!

値段も一人あたり、往復2万ちょっとですので、航空券の節約になります!!

興味がある方はぜひ、セブパシフィックで空の旅をしてみてはいかがでしょうか♡

 

約3ヶ月間、フィリピン に滞在します♡

InstagramTwitterで海外情報を発信しているので、フォローしていただけると嬉しいです!!プレゼント企画もやるので、お楽しみに♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です